【実家のピアノを高く売りたい】おすすめのピアノ買取業者を徹底比較

初めまして、管理人のSHIMAと申します。

最近、実家から連絡があり「うちのピアノを処分したいんだけど、どうしようかね。。。」と相談されたことがきっかけで、ピアノを上手に処分する方法を調べてみることにしました。

実際に調べていくと意外とたくさん方法があり、膨大な時間を使っていることに気がつきました笑

そこで、

  • 今まで大切にしてきたピアノが誰も使ってなく、場所を大きくとってしまうので処分したい
  • ピアノを高く買い取って欲しい…
  • どんな風に処理すればいいのかわからない

といった、同じように悩んでいる方のためにも、自分の経験を活かして、ピアノを処分するためのおすすめの方法をわかりやすくまとめてみることにしました。

私も調べるまで知らなかったのですが、ピアノって粗大ゴミとして出せる自治体はほとんどないのをご存知ですか?

また、処分費用の他に、別途送料などの料金がかかる業者さんもちらほら。

『できるだけピアノをお得に処分したい。。。』

そんなあなたのために様々な方法をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

 

ピアノを処分する4つの方法とかかる費用

1)不用品業者(リサイクルショップなど)に依頼

まず最初の方法は、不用品業者(リサイクル業者)に依頼してピアノと一緒に不用品を処分してもらう方法です。

相場として、グランドピアノは5万円程度、アップライトピアノは3万円程度かかります。

2)親戚や友人に送る

次は、意外と忘れがちな親戚や友人にピアノを譲るという方法です。

引っ越し業者や運搬業者に依頼します。

相場として、20km以内なら3万円程度ですが、追加でクレーンや解体の費用がかかりとても高くなることもしばしば。

3)オークションに出品する

こちらも今流行っている方法ですね。

配送と出品の手間がかかりますが、売れた場合、高値が付く可能性があります。

送料は落札者に負担してもらうこともできますが、そもそも大きな欠点として落札される保証がないので、すぐに売れるかどうかわからないのが難しいところです。

4)ピアノの買取り業者に依頼する

1番おすすめの方法が、ピアノ専門の買取業者にお願いすることです。

買取業者に依頼するメリットは処分の費用がかからない、それどころかお金がもらえることができることが大きな特徴です。

「え?ピアノを自分で持っていかないといけないから面倒なんじゃ?」と思っている人もいらっしゃいますが、最近のピアノ買取専門店は出張してくれるので、自宅で査定・買取をしてもらえます。

安心だし、すぐに査定・買取してくれるので非常に便利ですよ!

私も今回、スピード重視かつお金が貰えるという点で、ピアノ買取業者にお願いすることにしました。

どんなピアノ買取業者さんがあるのか調べてみました

実は、ピアノ買取業者さんってけっこうな数があるんです。

では、ピアノを買い取ってもらうのであれば、どこの業者さんが良いのか調べてみることに。
 
大手から小さい業者さんまでざっと調べてみたところ、以下の買取業者さんをピックアップしました。

タケモトピアノ http://www.takemotopiano.com/?gclid=CjwKCAjw7cDaBRBtEiwAsxprXck0RHxiRAEfLjw7o-eAW-d4MoaAIDTbu_duiCc3q3Y11btgzyxdrRoCit0QAvD_BwE
ピアノパワーセンター http://www.piano-pc.co.jp/jp/lp/
引越し侍 https://hikkoshizamurai.jp/piano/promo03/
ズバット ピアノ買取比較 https://www.zba.jp/piano-kaitori/promo/landing/?ID=bccaw00004
ヤマハピアノサービス http://www.yamahapianoservice.co.jp/kaitori/

大手はタケモトピアノとヤマハピアノサービス

有名な大手ピアノ買取サービスといえばタケモトピアノとヤマハピアノサービスです。
(あとは、中小業者でピアノパワーセンターがあります。)

メリットとしては、全国対応でき、メールまたは電話で簡単に申し込みをすることが可能です。

ただし、問い合わせをしてもそれぞれ1社ずつしか査定を出す事ができないので、他の買取業者がもっと高く買い取ってくれる場合があります。
※こちらは後で実際に問い合わせてみました

 

タケモトピアノの特徴

タケモトピアノの場合、運搬費・査定費無料で、ピアノ運送スタッフが査定し、その場でお金の取引を行います。

※ピアノの状態によっては事前の金額より低くなってしまうことあるみたいです。

ヤマハピアノサービスの特徴

ヤマハピアノサービスの場合、事前に運搬費込の買取契約書類を交わし、契約書の金額で買取の証拠を残します。

ピアノのお引取り後、約10日以内に金額が支払われるようになっています。
(ただし、ヤマハのメーカーのものしか取り扱ってくれません。)

ピアノを高く買い取ってもらいたいなら『一括見積もりサイト』が良い

うってかわって、引越し侍、ズバットピアノといった業者は「一括見積もりサイト」になります。

様々な買取業者が登録しており、ピアノの情報をメール入力して一斉に在住付近の買取業者に査定してもらえるサービスです。

(逆に、競合になるタケモトピアノやヤマハピアノサービスは登録されてないので、実際に確認してみないとどっちが安いかわからなかったので、今回実際にSHIMAがあなたの代わりに調べてみました。後で結果報告致します。)

一括見積もりサイトを使うなら、登録している買取業者が多いサイトにすることをオススメします。

全部の業者さんに査定を出してみた

つまり、以下の4つの業者さんに査定をお願いするのが、1番ピアノが高く売れるお店がわかるということになります。

  • タケモトピアノ
  • ヤマハピアノサービス
  • ピアノパワーセンター
  • 一括見積りサイト

ただ、それって面倒ですよね。。。

(実際にいろんなところから連絡が来まくるので大変でした。。。笑)

なので代わりに管理人SHIMAがうちのピアノの型番で実験台として調べてみました。

結果はこのようになりました。

  • タケモトピアノ:50,000円
  • ヤマハピアノ:ピアノを置いてある家に測定員を派遣(別途3240円)で運び方を測ってから査定
  • ピアノパワーセンターは一番安い:40,000円
  • グランドギャラリーピアノ買取センター:65,000円
  • ピアノ整備工場:60,000円
  • ピアノバンク:54,000円
  • ドレミ楽器:50,000円前後(ピアノの状態で変動)

というわけで、一括査定サイトから連絡が来た業者さんが1番高値が付きました。

 

その中でも「ズバットピアノ買取比較」がおすすめです

選考基準として、

  • 高く買ってくれる?
  • 全国に対応できる?
  • スピードはどれぐらいか?
  • 申し込みが簡単か?

以上のようなところをチェックした中で、1番おすすめだったのは『ズバットピアノ買取比較』でした。

他の業者さんと比べてみて、たくさんの業者さんの査定を一気にしてもらえる点や、利用者の声も多いこと、サイトのページが見やすかったこと、さらに電話またはメール連絡の選択ができるといった理由で、一括査定サイトの「ズバットピアノ買取比較」が良かったです。

ズバットピアノ買取比較の公式サイトを見る

「ズバットピアノ買取比較」で一括査定する時の全体の流れ

実際に査定に出す前にピアノのモデル(メーカー・型番)をチェックしておきましょう

ピアノの種類は「アップライトピアノ」で、カラーは「黒」ですね。

ピアノを開けてみるとYAMAHAメーカーが堂々と表記されてます。

次にピアノ上部の天板を開けてみます。

天板右側にモデル名が書いてあり、NO.U1つまりこのピアノは「U1」がモデル名となります。

ピアノによってはNIPPON GAKKIの部分に製造番号が載っていたりします。

天板左側のYAMAHAマークの下に製造番号6桁が載っていました。

ペダルの数は3本でした。

ピアノによっては2本だったりして必要な情報です。

ピアノの足にはローラーが付いていました。

こちらもピアノによってはローラーが付いてなかったりするので、運び方が変わってきます。

オンラインでの査定の流れ

まずはズバットピアノ買取比較から入力していきます。

ピアノのメーカーとピアノを置いてある場所の郵便番号を入力して次へ。

ここからピアノの基本情報を入力します

まず、ピアノの情報でメーカーやピアノの種類など入力していきます。

ズバットピアノ買取だとイラストがあるので分かりやすいですね。

次に住所の入力をしていきます

次にピアノを置いてある住所の入力です。

購入時に階段はあるのか、クレーンを使用したなど運ぶのに人数がいるかどうか必要な情報で、人件費必要かどうかで査定額に大きく関わってきます。

最後にピアノを売りたい人の連絡方法ですね。

ズバットだと電話またはメール選択をすることができ、今回は電話、メールどちらでも可にしてみました。

これで一括査定依頼は完了です。

「ズバットピアノ買取比較」の一括査定依頼の入力を終えて

依頼してから次の日、ほとんどの業者さんがメールで簡単にピアノの査定した値段の返答が届きました。

また、もっと明確な料金を出すために、わざわざ電話をしてくれた買取業者もいました。

査定の際にさらに情報を聞いてきます。

  • ピアノの足はローラーが付いているか
  • ピアノはタバコなどで変色していないか
  • ピアノを置いている場所にねずみがいるまたはピアノに破損箇所があるか

などピアノの状態によって査定が変わってしまいます。

入力画面で問い合わせ方法を選ぶところがあるのですが、その設定を「電話だけ」にしてしまうと、複数の買取業者から電話がかかってしまうので対応が大変でした。

おすすめは「メールのみ」で一度設定しておいてから、気に入った買取業者に電話してみるのが一番だと思います。

いろんな業者さんから電話がかかってきました

さきほども説明しましたが、一括査定サイトから来た業者さんたちの査定額はこちら。

  • グランドギャラリーピアノ買取センター:65,000円
  • ピアノ整備工場:60,000円
  • ピアノバンク:54,000円
  • ドレミ楽器:50,000円前後(ピアノの状態で変動)

 

ピアノの上手な処分方法:まとめ

ピアノの買取査定でもこんなに値段が違う結果となりましたが、いかかがだったでしょうか?

ピアノはサイズも大きく自治体でも処理することができないし、破棄する場合にも高く費用がかかってしまいます。

買取ができる場合には買取業者に依頼すれば、処理費用をかけることもありません。

しかもお金がもらえるので、多少の手間はかかりますが、とてもお得な方法です。

ピアノは手入れすればまた使えるので、海外にも需要があり、そのため買取業者も多くあるんですね。

自分で全部手配しようとするとかなり大変なので、長年使ってきた大切なピアノこそ、納得した値段の買取業者で是非お願いしてみましょう!