髪型には気をつけて

30代になると髪型ってけっこう大事

普段、髪を切る時どこに行っていますか?

美容室派、理容室派。

どちらかでしょうが、おすすめはやはり美容室。

基本的には「いかにその人が格好良く、綺麗に見える髪型にするか?」という観点で髪型を提案してくれるので、やはり普段から美容室に行く癖をつけましょう。

なかなか大変だと思いますが女性に担当してもらうのがおすすめ

そして、けっこう苦手な方は多いですが、女性の担当者さんにお願いしましょう。

というのも、やはり女性受けを意識するのであれば、女性が良いと思う髪型にしてもらうのが1番だからです。

自分の顔面に自信がなくても大丈夫です。

美容師さんであれば、そこから1番女性受けしそうな髪型に頑張ってしてくれます。

それがお仕事なのですから。

おすすめは、表参道などの美容室がひしめき合う駅を選ぶことです。

表参道のサロンで働く女性は綺麗どころが多いので最初は緊張するかもしれませんが、そういったハイセンスな場所で髪を切ってもらうことで、より大人の男性を目指せます。

ぜひ頑張ってみてくださいね。

男の臭い対策は早めに始めた方が良いらしい

男の体臭問題を気にしよう

最近暑くなったり、寒くなったりと、東京は気温の調節が難しいですね。

それでもだんだんと夏に近づいている気がします。

となると気になってくるのが、男の体臭問題です。

最近、職場で身だしなみを整えることを意識しないといけない風潮になっていますよね。

特にうちの職場は女性が多いからでしょうか?

気にしている人が多い印象です。

汗だけ注意していればいいわけではない

お恥ずかしながら、男の体臭って汗だけ何とかしていたら良いのかと思っていました。

加齢臭が出てくるのなんて当分先だし、まぁ大丈夫でしょ!?と高をくくっていたのですが、それだけではダメなんだそうです。

しっかりと体臭対策ができるシャンプーやボディソープを使って、日頃から清潔にしておく必要があるとのことで、色々とメンズのスキンケア・身だしなみ対策サイトをネットサーフィンして勉強中でございます。

早めの対策が肝心とのことなので、頑張りたいと思います。

最近欲しいブランドが無い

最近欲しいブランドがなかなか見つからない件

もともと昔から服を見に行くのが好きでした。

というのも、学生時代に身に付いてしまった癖なのですが、自信の無かった自分を変えてくれたのが服だったんです。

「お、今日なんかカッコいいね!」なんて同級生の女子から言われたことがあって、それがきっかけで服を見に行くのが大好きになったんですね。

そんな甘酸っぱい記憶がなくなろうとしているのも、30代に突入したからでしょうか?

何だか、最近服を見に行っても、ときめくものがないんです。

新入社員の時は、憧れの東京に出てきて、仕事を頑張ってお給料が入ってきら何を買おうかどきどきしていました。

それがうってかわって、「まぁ今日は買わなくていいかな。。。」なんて思うようになりました。

ファストファッションに飽きてきたのかも

最近感じているのは、ファストファッションや安めのブランドに飽きてきたのではないかということです。

一通りジャケットや革靴、お気に入りのパンツなど、ある程度ファッションアイテムが揃ってくると、今度は素材や独自性に魅力を感じ始めるんですね。

でも、お給料はそんなに一気に増えませんから、いつも回るお店は昔と一緒。

そうなると、「あれ、これ去年と似たようなやつあったなぁ。。。」という具合に、飽きてくるんですね。

やっぱり30代に突入したのを良い機会に、どんどん高めのブランドにもトライしていけたらなと思います。