ピアノを処分したい方必見!4つの処分方法と費用をまとめました

ピアノの処分方法と費用はいくらかかるの?

家にあるピアノ大きくて場所もすごくとってしまって処分したい!

 

だけどどう処分していいか分からないし…と思っている方が多いのではないでしょうか?

 

そんなお困りの方にピアノの処分方法をまとめてみました。

 

費用はどれくらいかかるのか、自分にあった処分方法は何か参考にしてください。

 

持っているピアノは何?

 

まずは持っているピアノの種類によって処分方法や値段が変わってきますので、どのピアノを持っているか把握しましょう。

 

グランドピアノ

グランドピアノ

 

オーケストラでよく使われるピアノです。大型の物で250〜400kg程度あります。他のピアノに比べるとかなり重いので運搬する人も増えるので費用が高くなります。

 

アップライトピアノ

 

アップライトピアノ

 

こちらは家庭によく買われているピアノです。特徴として弦やフレームに響板が、上下に伸びるようになっています。グランドピアノに比べると場所もとらず、200〜250kgと軽めですが、運搬する人は必要となっています。

 

電子ピアノ

 

電子ピアノ

 

電子ピアノは音源部に電子回路を用いた物で、ピアノの音以外にも人の声が出たりする電子ピアノもあったりして、子供の教材として使われることもあるピアノです。普通のピアノに比べ40〜80kg程度で軽く、運搬する人も必要ありません。

 

粗大ゴミとしてピアノは出せるの?

粗大ゴミ

粗大ゴミの回収は日程はかかりますが、家具など安く処分されることができます。ですが、ピアノを粗大ゴミとして処分できるのでしょうか?

 

残念ながら処分できる自治体とできない自治体があり、ほとんどは粗大ゴミとして出せないことが多いです。

 

また同じく鍵盤楽器のエレクトーンも回収できないです。

 

かろうじて電子ピアノは回収できる自治体があり、大体2,000円程度で回収してくれるみたいなので、住んでいる自治体か各市町村のチラシを一度確認してみましょう。

 

ピアノを処分する方法は?

 

壊れたピアノ

 

それでは粗大ゴミとして出す以外の方法について紹介していきます。

 

  1. 不用品業者に依頼
  2. 親戚や友人に送る
  3. オークションに出品する
  4. 買い取り業者に依頼する

 

大きく分けるとこの4つになります。

 

①不用品業者に依頼

廃品回収業者

good

・ピアノ以外にも不用品が出せる

・事前報告がなくても自宅まで来てくれる

 

bad

・悪徳回収業者が存在するのでしっかりと相場を調べる必要がある

 

自治体に回収する場合は、事前に何を捨てるかを報告しなければならないなど、手間や時間がかかりますが、不用品回収業者はピアノ以外にも不用品をまとめて出すことができ、自宅に来てくれるメリットを持ちます。

 

デメリットとしては回収業者によって費用が変わってくるので相場を比べながら依頼しましょう。

 

  • グランドピアノの相場 40,000〜50,000円程度
  • アップライトピアノの相場 20,000〜30,000円程度
  • 電子ピアノの相場 10,000円程度

 

②親戚や友人に送る

 

トラック

 

ピアノを処分する方法の一つとして譲る方法です。こちらは他人に譲る場合でも無料というわけにもいかず、費用もかなりかかってしまいます。ピアノを運搬してもらうには引っ越し業者や運搬業者に依頼します。

 

引っ越し業者で距離が10kmでグランドピアノが31,417円、アップライトピアノは18,200円かかり、さらに解体組み立てで30,000円、調停サービスがある場合も追加料金がかかります。

 

③ネットオークションに出品する

オークション

good

高値で買い取ってくれる可能性がある

 

bad

なかなか落札できない場合が多い

 

ネットオークションやフリマアプリで処分する方法です。出品と配送の手間がかかりますが、高値で売れる場合があります。また配送料を落札者が負担してもらうことができるメリットを持ちます。ピアノの配送でヤマトホームコンビニエンスを利用するのもいいでしょう。

 

デメリットは落札されるのに時間がかかってしまう点です。なので急いでいる方は不用品回収業者に依頼したほうが便利です。

 

④買取業者に依頼する

 

買取業者

 

good

費用をかけずに売却または処分できる

 

新聞の広告によくあるピアノの買取業者に依頼する方法です。有名なのはタケモトピアノやYAMAHAのピアノサービスです。

 

処分費用をかけることがなく、売却してお金がもらえることができ、ほとんどの買取業者が自宅に来て査定・買取してくれるメリットになります。

 

査定で必要な情報は?

 

本査定の前に電話やメールの情報で大体の査定額を提示してくれる買取業者が多いです。

 

その際に必要な情報がこちらです。

 

  • ピアノの製造メーカー
  • 型番
  • 製造番号
  • ペダルの本数

 

調べる際はアップライトピアノの場合、天板上のフタを開き正面右側付近。グランドピアノの場合、大屋根をあけて本体内部の右上面に書いてあることが多いです。

 

買取ができないピアノって?

疑問

グランドピアノやアップライトピアノは大きいて持ち運びが大変なものです。場合によっては買い取ってくれない場合があります。

 

買い取ってもらえないピアノの特徴はこのようなものが多いです。

 

  • 相場が低いピアノ
  • 年代が古いピアノ
  • 汚れや損傷が大きいピアノ

 

50年前に製造されたピアノは相場が低いことが多く、買取が難しい場合があります。また汚れや損傷が激しいピアノはなかなか査定つけづらいことが現状です。

 

このように査定をつけてもらえなかったら、どうすればいいのでしょうか。回答の一つとして、買取業者が無償で引き取ってサービスがある可能性があります。何軒かの買取業者に連絡をとって確認してみましょう。

 

まとめ

 

サイズの大きいピアノは処分に困る物の一つです。粗大ゴミとして扱えないし、多額の費用がかかる場合もあります。

 

早く処分するなら不用品業者、高く売るならネットオークション、安心して売るなら買取業者と様々な方法がありますので、状況に合わせて参考にしてみてください。

関連記事

NO IMAGE

ピアノの買取査定で後悔しない方法とは?

NO IMAGE

ピアノの買取相場ってどれくらい?モデルや業者によって費用が変わるよ